希望通りに仕上げる|抜かりのない風評被害対策~動画制作で企業を盛り上げよう~

プロに任せれば安心!サンプルを見て動画制作業者を決める

動画制作を依頼する際に見ておくべき3つのポイント

サンプル動画のチェックは忘れずに

動画制作業者のホームページに行けば、サンプル動画をいくつか見ることができます。仕事の依頼をする前には、必ずサンプル動画のチェックは必要になりますね。これを見れば、その業者がどれだけの技術を持っているのかも大体分かります。自分たちが仕事を依頼するに値する技術力があるのか、アイデア力があるのかが見えてくるので、チェックは必須です。

どれぐらいのコストがかかるかもチェック

多くの業者が、目安となる料金をホームページで提示してくれています。映像作品は一つ一つ作り方も違いますし、尺も違います。ですから、ケースバイケースで料金は変わるのですが、変なお願いをしないのなら、大体は目安となる料金に近くなります。どの程度のお金を払えば、どの程度の質と量を兼ね備えた動画が作ってもらえるか、しっかり確認をする必要はあります。

その業者が何を得意としているかを把握する

業者によっては、得意分野が変わってきます。ホームページを見れば、その業者の得意分野はすぐに分かることでしょう。どの業者も売りになるポイントがあれば、それを前面に押し出してきているからです。たとえば、CGに強い業者なら、素材が悪くても演出でクオリティをいくらでも上げていくことができて便利です。納品スピードが早い業者なら、急いでいるときには頼りになりますよね。

希望通りに仕上げる

ビデオカメラ

企業が利益アップを図れる動画の特徴とは?

これからの時代は、企業活動に動画制作は欠かせません。新しい商品やサービスの紹介をするときには、ほとんど毎回動画を作って公開しなければならないからです。そして、その動画のクオリティによっては売上まで変わってくるので要注意です。本当に動画次第で企業の未来が変わるので、力を込めて動画制作はしなければいけないのです。利益に繋がる動画の特徴は、やはり面白いものでしょう。何度もリピートして見たくなるような面白い動画なら、再生数は伸びますし、各所でも話題にしてもらえるはずです。もちろん、分かりやすいということも大事なのですが、多くのネットユーザーは楽しむために動画を見ます。エンターテイメント性が高くないと、逆に嫌われてしまうこともあるので注意ですね。ただの広告に終わるものは、誰も求めてはいないのです。

動画制作のときには打ち合わせや見積もりを忘れずに

業者に依頼をして動画制作をしてもらうのはいいのですが、その際にはきちんとコミュニケーションを取っていきましょう。細かく打ち合わせをしないと、完成作品がイメージとかけ離れたものになってしまう可能性もあります。見積もりもしっかり取っておかないと、後で高額な費用を請求されてしまうかもしれません。適当にお任せをするのは、一番駄目ですね。きちんと自分たちのビジョンを業者側にも理解してもらって、話し合いながら作業を進めて行く必要があります。途中で問題があるようなら、随時修正をかけていきます。そうしないと、納得のできる素晴らしい作品は作れません。手間暇を惜しんではいけないということです。